イベントコンパニオンをした体験談

短期アルバイトでイベントコンパニオン

イベント,コンパニオン高い人気を誇るイベントコンパニオンの仕事を始めるまでの流れ

短期アルバイトでイベントコンパニオン仕事内容は様々イベント自体は大きなもののお手伝いが多かった

私が短期アルバイトでイベントコンパニオンをしていたのは、大学生の頃です。
ですので、今から約10年前ぐらいになると思いますので、今とは少し違うかもしれません。
応募をした理由は、大学の授業の時間がばらばらで読めなかったので、平日のアルバイトが一切入れられず、土日の短期でお給料の良いアルバイトを探したところ、登録制コンパニオンの仕事があったからです。
登録にはインターネットからいったん顔写真入りの登録した後に時間の面接の連絡があり、本人確認をしたうえで本登録をしました。
アルバイトの方法としては、何かお仕事があるたびメールで案内が来て、日程や開始時間や終了時間を見て行けるときには行く、という方法です。
お仕事ごとに採用予定人数があり、応募者が予定よりも多い場合は、抽選や今までの仕事ぶりを見て落とされたようです。
私は一度も落とされませんでしたので、評価は良かったのだと思います。
私が経験したコンパニオンの仕事は、お給料が良かったので朝早くから夜遅くまで行われるものばかりで、足が疲れました。
私は身長が低かったので、ラグジュアリーな雰囲気のイベントは行ったことがありません。
背の高い友人はラグジュアリー系のイベントのコンパニオンをしており、詳細は分かりませんが、パーティーでお客様にドリンクやお菓子をお渡しする仕事をしていたそうです。
お客様から電話番号を渡されるようなことは一切なかったようです。